盗まれたピカソの名画など7点(130億円相当)、容疑者の母親がストーブで燃やす (1/1073)
TOP投稿最初最後全部検索
1.[ネフェルピトー]
ID:OFF

1 名前:そーきそばΦ ★:2013/07/17(水) 11:31:22.43 ID:???0
1
オランダ・ロッテルダム(Rotterdam)のクンストハル(Kunsthal)美術館から昨年10月、わずか90秒足らずの間に盗みだされたパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)やクロード・モネ(Claude Monet)などの7作品が、容疑者の母親によって燃やされていたことが分かった。ルーマニアの通信社メディアファクス(Mediafax)が16日に伝えた。

今年1月に逮捕されたラドゥ・ドガル(Radu Dogaru)被告の母親は「証拠を隠滅」するため、総額1億ユーロ(約130億円)を超える作品を自宅のかまどで燃やしたと話している。「作品の入ったスーツケースを自宅の
かまどに入れた。薪と室内履き、ゴム靴もかまどに入れ、完全に燃え尽きるのを待った」という。

裁判所に提出された書類によると、母親は「非常に深刻なことが起きたと認識しており、
息子が逮捕された今年1月以降、とても恐れていた」。5月には捜査員が母親の自宅の
かまどの灰を徹底的に調べたと報じられ、絵画が燃やされたのではないかと心配されて
いたが、それが事実だったことが確認された形になった。

被害に遭った作品はピカソの「アルルカンの頭部(Tete d'Arlequin)」、モネの
「ウォータールー橋、ロンドン(Waterloo Bridge, London)」、ルシアン・フロイド
(Lucian Freud)の「Woman with Eyes Closed」など。「世紀の盗難」と言われる
この事件の裁判は8月に行われる予定だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130717-00000015-jij_afp-int
以下、2ちゃんねるの反応


13/07/18 01:37
Linux Android返信

TOP投稿最初最後全部検索