うさちゃんねるブログ
Google+| Twitter| YouTube

【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす

カテゴリ:ニュース

【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす

昭和35年、13歳の少年は両親の虐待から逃れるため
愛犬を一匹連れて家出を敢行した。
以来、彼はたったひとりで山野で暮らし、
ヘビやネズミ、野うさぎなどを食らって命をつないだ。
麓の人間に発見され彼が再び社会と接触を持ったとき、
少年は57歳のおじさんになっていた。

腹が減っては野生の動物を追う生活に疲れ、6年前、「死のう」と思った。
ヒッチハイクしたトラックの運転手に「死にたい」と話すと、
富士山ろくにある山梨県の青木ヶ原樹海に連れて行ってくれた。
が、樹海で見た死体に怖くなり、自殺を思いとどまった。

▼家出を決意する
1946年、群馬県大間々町の農家の四男に生まれた。学校に弁当も持っていけない貧しい暮らし。8人兄弟の6番目で、内気な性格からよくいじめられた。
出典

14歳になった中学2年の秋、生活に嫌気がさし、カバンに干し芋と塩、マッチを詰め、家を出た。愛犬のシロが追いかけてきた。

リュックサックには家から持ち出し た干芋が満載で、それなりに計画的だった。

サバイバルのはじまり


足尾鉱山
向かったのは、幼いころに行った約25キロ北の足尾銅山。鉱脈を探すために掘られた山頂付近の穴に住みついた。持参した食料はすぐなくなり、ヘビやカエル、カタツムリ、野ウサギを捕っては焼いて食べる生活に変わった。
シロは賢犬で、その後、命を助けられることになった。

山中の洞窟を見つけ、何とか風雨を凌げることができた。何日も歩き続けた疲れのせいか、 安心したせいか、高熱に見舞われて寝込んでしまった。このとき夢の中で一線を越える間際でシロに起こされた。シロはおとなしい犬で決して人を傷つけるよう なことはしなかったが、このときは著者に訪れた死への誘いを断ち切るために、耳に噛み付き思いっきり引っ張って いたのだ。耳は血だらけである。シロには最後まで家出ということがわからなかったかもしれない。ただ、飼い主である著者がいなくなることに耐えられなかっ たのだろう。

【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす

2年後にシロが死ぬと、足尾銅山から栃木県や茨城県の山々に移った。人里に下りて農作業を手伝い、食料や衣類などをもらったこともある。しかし、「素性が知れたら帰される」と、人との接触を避けた。歯は20歳過ぎになくなったが、病気はしなかった。

愛犬シロが死んじゃってかなり悲しんだみたいです。
シロの死後、人を避けるように暮らしやすい場所を探して、山中を彷徨った。このあたりは詳しい地名が明記されていないが、新潟県を経て、山梨県に至って いる。

【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす

新潟県では、山中の珍花が売れてカネをつかむこともできた。完全に人を避けていたのではなく、人と出会えばそれなりに交流していたのだ。
人とも交流しだした頃です。
珍花は詳細を記していないが、売れた価格からし て、おそらく蘭だろう。山中のドライブインの駐車場で蘭を売って、数万円のカネを手にしたのだ。カネのありがたみと虚しさも体得した。

大変化していく社会


山中での生活を何年も続ける加村さんは、ある日、山にどんどん造られていく道路に、休憩所のような建物がぽつぽつ出現していく様子に気付く。ドライブインだ。

字も読めないから何円札を自分が持っているかも分からない。おそるおそる紙幣を出し、渡したお金よりたくさんの数のお金を返されること(おつり)におびえながら、見たこともないカレーライスや、当時日本に普及しだしたバナナに衝撃を受ける。

好奇心はかなりあるようで、こういう「最先端文明にちょっと触れる」ことを繰り返す。時々山から出てきては「人間社会は、今こうなってるのか…」と薄々知ることになるのだ。しかし、彼は決して人間社会には戻らなかった。

経済発展を見つめる目


そうした「海底在住、たまに浜辺に出てくる浦島太郎」という状態が、何十年も続く。空腹のあまり道に倒れ、おまわりさんのお世話になった時も、焼肉弁当をごちそうになって助けられる。1976年に創業された「ほっかほっか亭」系のテイクアウト弁当だ。

便利な物やおいしい食べ物の良さは素直に認めたり、「こんなものはいらないな」と思ったり、色々思い悩んで樹海で自殺未遂してみたり

紆余曲折し、「自分はどう生きたらいいのか」を考えて取捨選択していく。

【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす

戦後復興、東京オリンピック、新幹線、あさま山荘事件、ディスコブーム。洞窟おじさん・加村さんは遠く離れた場所からそれらをずっと感じていた。本の中では年代ごとに、日本でどんな事件や流行があったかも随時解説されていて、とても臨場感がある。

復興から一直線ストレートに経済発展してきた日本社会とは対照的な彼からの視点が、日本の辿ってきた道を振り返る意味でも、とても楽しめる一冊だ。

サバイバル生活の終焉

腹が減っては野生の動物を追う生活に疲れ、6年前、「死のう」と思った。ヒッチハイクしたトラックの運転手に「死にたい」と話すと、富士山ろくにある山梨県の青木ヶ原樹海に連れて行ってくれた。が、樹海で見た死体に怖くなり、自殺を思いとどまった。

洞窟オジさん 荒野の43年 - なんとなく読書感想文 - 東長崎機関
釣りの腕前を認める釣り人から「先生」と慕われ、仲間ができたことだった。釣り仲間の家に呼ばれ、カラーテレビを初めて見た。

ときにはここにやってくる釣り人との交流 もあった。そして、近所の人が著者のところに魚を売ってもらいにくるようになった。ついに、近所の釣り人と懇意になり、彼の家に居候することになった。彼 の経営する会社の世話になり、仕事(家の内装工事)を覚えた。ようやくまっとうな社会生活ができたときには家出をしてから43年を経ていた。

著者である加村さんが発見されたのは、今から11年前のこと。自動販売機をこじ開けようとしているところを現行犯逮捕され、取り調べの中で壮絶な過去が明らかになった。

 刑事裁判では、そうした加村さんの事情が考慮され、執行猶予処分に。そしてそれを機に、釣りを通じて知り合ったAさんのもとで住み込みで働くことを決め、社会復帰への道を歩み始めた。だが、その道のりは決して平坦なものではなかった。

 Aさんのもとを離れ、再び川べりで暮らし始めた加村さん。そんな彼に救いの手を差しのべたのが、群馬県内で複数の福祉施設を運営する社会福祉法人『三和会』の藤澤敏孝さんだった。

 藤澤さんが運営する施設で暮らすことになった加村さん。そこで出会ったのが、施設の職員として働いていた保嶋のり子さんだった。

「理事長から加村さんの身の回りの世話を頼まれた時は、正直、自分にできるのかと不安になりました。洞窟でずっと暮らしていた人なんて、自分には想像できませんでしたから」(保嶋さん)

 保嶋さんの不安は的中した。加村さんは頻繁に施設を抜け出し、理事長の紹介で建設現場で働くものの、たびたびトラブルを起こした。

「加村さんは幼少期に両親から虐待され、学校でも激しいいじめにあっていました。人との間に居場所を求めながらも、どうしても人に対する不信感や恐怖感を拭うことができなかったんです」(施設関係者)

 しかし、保嶋さんは加村さんが逃げることを許さなかった。逃げ出そうとする加村さんを何度も何度も連れ戻し、「逃げちゃダメ!」と叱咤した。

「自転車に乗って山へ行こうとした時、走って追いかけてきた保嶋さんがそのまま体当たりして、おれを捕まえたんだ。その時の保嶋さんの必死な顔を見て、はじめておれは生きていてよかったって思ったんだ」(加村さん)

 加村さんは次第に心をひらいていった。保嶋さんや理事長、施設の職員や利用者たち…。みんなの笑顔が見たくて、たったひとりで施設に広大なブルーベリー畑を作ってみせた。加村さんは今、自身の経験をもとに、多くの子供たちに野山で遊ぶことの楽しさを教えたいと夢みているという。


なんとこの洞窟おじさん、NHKでドラマ化されている。

スペシャルドラマ「洞窟おじさん」


date2015年10月1日、8日、15日、22日(木) (全4回)time午後9時〜9時59分出演リリー・フランキー、中村 蒼、富田海人、井上 順、木内みどり、
浅利陽介、坂井真紀、尾野真千子、小野武彦・生瀬勝久 ほか
山中の洞窟に隠れ住み、ヘビやネズミで食いつなぎ、自力でイノシシを狩ることを覚えた少年は、やがて、山菜や蘭(らん)を売る知恵を身につけ、知り合ったホームレスから文字や女性の魅力を学んでゆく。折々に出会う人々に助けられながらも、43年間、たった一人で生き抜いてきた男。“発見”されたときは57歳になっていた。
ただ生きるために自らの身体と頭をフル稼働し、サバイバル技術を身につけてゆく“洞窟おじさん”の生き様は、現代人が失いつつある力強さに溢れている。一方で、徐々に接してゆく人間社会に戸惑いながら、激しい孤独感から逃れようとする姿は、どこか私たちの共感を呼ぶものがある。これは、自分の居場所を求めて(ちょっぴり長すぎたけれど)さまよい続けた男のドラマである。
スペシャルドラマ「洞窟おじさん」


驚愕のタグが付いた記事


【驚愕】SMAP、六本木の路上で乱闘→経緯がヤバすぎる・・・
【驚愕】13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす
【驚愕】阿蘇山の地震計がもはや何を記録してるのかわからないレベル
【驚愕】893の妻になった結果・・・→衝撃の生活がコチラ
【驚愕!画像有】4世代にまで渡った近親相姦一族
【驚愕】これが10秒で読める人はIQ130らしいぞwwwわろたwwwwww
【画像&動画】脇坂英理子容疑者画像まとめ“Ricoにゃん先生”と「まるで別人」と驚愕の声
大きい荷物を見た「とある配達員」の一言にあなたは驚愕する…
4000万円のスイス時計 vs 山形の22歳学生の卒業制作。軍配が上がった方をみて、あなたは驚愕する。
双子を生んだ女性。4年後、あることに気がつき驚愕した。
医師も驚愕。中絶から10日後の31歳女性の子宮内に心拍を確認した。
【驚愕】娘の血液型が俺と合わない!俺『離婚!』汚嫁「娘は育てさせてやるから養育費を月20万よこせ!」俺『!?』→結果wwwww
母「どうして保育園に行きたくないの?」A子「せんせいがお口にちゅうするからイヤなの・・・」驚愕とした母親が詳しく話を聞くと、おぞましい事実がA子ちゃんの口から語られた!
驚愕w女コスプレーヤーの体形がとんでもないwww
究極の大人のおもちゃ見つけたったと確信した嫁の驚愕の一言wwwwwww

2016/ 05/ 13/ 01:45


この記事にコメント



■名前

■URL




■本文




最新BLOG記事

面白い話やネタなどまとめてみた
安室奈美恵、オールタイム・ベストアルバム「Finally」動画まとめ
漫画バトルロワイヤル読んでみた感想、あらすじなど
【漫画】ドラゴンボール超.torrent
ファミコンウォーズDSという古いゲームをレビュー
【ネタバレ有】WEB漫画「オーシャンまなぶ」レビュー
【漫画】約束のネバーランドまとめ
【漫画】転生したらヤムチャだった件.torrent
【漫画】[堀越耕平] 僕のヒーローアカデミア.torrent
(一般コミック) [奥浩哉] いぬやしきまとめ
【アニメ】いぬやしきTorrentまとめ
小林麻央さん「もし病気、試練を乗り越えられたら…」切なる願いはかなわず
小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く
【訃報か】小林麻央、死去か。14時半会見!海老蔵「お察し下さい」
小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・
ワイチャンと暇人Sの戦い
ヴェルファイアHIDバルブ交換してみた。
【画像】 浜崎あゆみ(38)が女子プロレスラーっぽくなってると話題に
ハンターハンター1話から15話まで無料、連載再開記念キャンペーン
【無料】ハンターハンター Chapter 350-360話.Torrent
ハンター×ハンター 第33巻.torrent [HUNTER X HUNTER VOL 33]
【漫画】火傷少女読んでみた感想と中身ネタバレ【狂気100%】
ハンターハンター連載再開!!
夏本番になる前にカーエアコンフィルターをチェックおかないとヤバいかもw
かつて僕は荒らしだった。元荒らしが教える荒らし対策
天才小学生YouTuberあいり@うさちゃんねる現るwww
これ欲しい!ユニクロに配達行ったら任天堂とコラボTシャツ出てたわww
日本中のオタクが泣いた!Nyaaが使えないので代わりの方法を探してみる
ドラクエ11が7月に発売されるっていうから過去作振り返ってみた
ドラゴンボール転生したらヤムチャだった件が面白すぎるw
とある配達員が教える再配達の心構え、配達の方法
夜中に吠えるワイチャン、笑うMちゃん先輩
コナン顔メーカー、無料で簡単にコナンの登場キャラクターのような画像を作ることができるツール
うちの三姉妹、僕の三人の娘たちを紹介します。
ドラゴンボールヒーローズ ベジットブルー、バーダックゼノコード
ハリウッド映画並みの夢を見たんで記事にしてみる。
20代〜30代が懐かしいと思うものまとめてみた。
【熱愛情報】佐々木希とアンジャッシュ渡部建が結婚間近!?
アンジャッシュ渡部&佐々木希、結婚へ!近日中に婚姻届提出
謎解き画像、サイトやアプリまとめ
ヴェルファイア フロントカーテン付けてみたw 付け方
V系バンド、ザアザア (XaaXaa) まとめ
絶対にいってはいけない関東心霊スポット
沢尻エリカ、丸くなって再ブレーク? 連ドラ主演“抜擢”の理由
FreeWindを使ってYouTubeの動画サムネイルをRSSでブログに表示する方法
SEO対策で指標となっているであろう要素ランキング
小倉優子が行列で菊地勲との離婚の真相を話すって言うからまとめてみたよ
Z
一つの記事が一位になるまでSEO対策らしきものを色々やってみた。
元名大生に無期懲役=女性殺害、タリウム投与―名古屋地裁



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 QR
携帯からアクセス!!