うさちゃんねるブログ
Google+| Twitter| YouTube

【3.11震災から5年】死にたくなければ自己中であれ!? 次の巨大地震を生き抜くための秘策とは?

カテゴリ:ニュース

東日本大震災から早くも5年。この大災害における死者・行方不明者は1万8千人以上となった。巨大地震と想像を絶する大津波で犠牲になった人々の死を無駄にしないためには、この大災害で「注意を怠っていた」「津波から逃げ遅れた」ことの原因を明らかにするとともに、「助かった」という例から学ぶことが求められる。今回の記事では、あの震災から私たちがどのような教訓を得られるか、考えてみたい。


■家を飛び出す前に心がけたいこと

 東日本大震災では、犠牲者のうち約90%の死因が水死となり、津波により命を落とした人が圧倒的に多かった。それでも、600人を超える人が地震による被害で亡くなっている。では、この地震でどんな危険性があったのだろうか。

 筆者は本記事のために、フェイスブックの「地震前兆・体感検証」(以降「FBグループ」)という非公開グループ上で、大震災の体験談を募った。すると、数名のメンバーが貴重な情報を提供してくれた。以下はそのひとつだ。

 茨城県ひたちなか市の海沿いにある自宅で被災した女性Aさんは、震度6強の揺れが襲った時、小さな娘を抱いて家の外に出た。飛び出したすぐ後ろで、屋根瓦が滝のように落ちてきたという。あと数秒遅ければ、直撃は免れなかっただろう。ここから得られる教訓は、家を出る際には防災頭巾や座布団等で頭を保護すべきということである。また、家屋崩壊の危険がないようならば、揺れが収まるまで屋内にいた方が安全かもしれない。この話は、あわや「逃げ遅れた」ケースになるところだったが、慌てて家を飛び出ることによるリスクも頭に入れておかなければならない。

■油断厳禁、即座に避難の判断を!

 津波が来たら、とにかく高台へ避難することが重要だ。しかし東日本大震災では、それを実行しなかったために命を落としてしまった例が多い。大船渡では過去に55cmの津波が観測されたが、大きな被害がなかったために「今回もまた大したことはないだろう」と油断した人々が犠牲になった。

 これに対して、宮城県南三陸町では、町内の防災放送を担当していた遠藤未希さんが多くの人々の命を救った。彼女は津波が襲来した後も防災対策庁舎の2階で放送を続け、24歳の若さで帰らぬ人となってしまった。南三陸町では約1万人の人々が避難して助かったが、防災放送を聞いていなければ逃げなかったという人や、切羽詰まった遠藤さんの声にただならぬ危機を感じたために避難したという人もいた。

 FBグループの男性Bさんは、宮城県多賀城市で被災した体験を寄せてくれた。津波が近づき、車で避難したものの思うように進まず、このままでは危ないと車を乗り捨て、ある建物の屋上に逃げたことで助かった。あのまま車内にいたら、確実に津波に呑まれていただろうと語る。Bさんのケースは、咄嗟の判断が重要だという好例だろう。


■地域の伝承を忘れず、避難指示には従う

 FBグループの女性Cさんは、仙台市若林区荒浜にある祖父の実家周辺の状況を報告してくれた。昔から大地震が起こると必ず津波に襲われたこの地区には、過去の記事でも紹介した「浪分(なみわけ)神社」があり、津波の被害が出るたびに高台へと遷座して現在の地に落ち着いた。地区には「津波が来たら神社へ逃げろ」という言い伝えが残されており、東日本大震災の津波も神社の手前で止まったという。

 地震発生後の地区では、町内会長が自転車に乗り「高台の荒浜小学校へ避難するように」と声をかけて回ったが、それを無視して自宅に戻った人々が多かったという。そのうちの多くは津波に呑まれてしまったと考えられる。この話から得られる教訓は、「地域に残る伝承を忘れるな」、そして「避難指示が出たら従え」ということだろう。

■防潮堤を過信せず、決して戻らない

 岩手県の田老地区では、明治三陸津波をはじめとする過去の度重なる津波被害の教訓として、「万里の長城」と呼ばれた全長1,360m、高さ7.7mの長大な防潮堤を造り上げた。このため、人々は「この地区だけは大津波が来ても大丈夫」と安心していたが、津波はまるであざ笑うかのように防潮堤を一瞬で破壊し、200人近い住民が犠牲となってしまった。以下は、FBグループの男性Dさんが岩手県山田町で聞いた話だ。

 山田湾に面した山田町にも、高さ6mほどの防潮堤がある。町に住むDさんの知り合いは、地震発生後に近くの防潮堤の上に避難したが、第一波波が見えた瞬間に身の危険を察知し、さらなる高台へと避難した。一緒に避難していた人々にも声をかけたが、彼らはその場に残る道を選択し、帰らぬ人となってしまった。津波の第一波が防潮堤を超えなかったため、安心して自宅や職場に戻った人が多かったようだが、その10分後に、防潮堤を軽々と超える高さ10m以上の津波が押し寄せ、すべてを呑み込んでいったという。

 この話における最大の教訓は、「防潮堤の存在を過信するな」、そして「第一波が小さくても戻るな」ということだろう。


■避難所も安心できない!

 2011年4月14日付の河北新報によると、岩手県陸前高田市の職員である佐々木英治さんは、地震発生直後に一次避難所となっていた市民体育館へ逃げ込んだ。80人ほどが避難していたが、そこへ津波が襲い、海側の窓から水が一気に流れ込み、高さ35mある体育館の天井近くまで浸水した。佐々木さんは天井の梁につかまり、海水との隙間に顔を出して呼吸したが、「もう駄目だ」と死を覚悟した時に、水が引いた。助かったのはわずか3人だったという。

 河北新報の調べでは、岩手県沿岸部11市町村(宮古市を除く)の全411カ所の一次避難所のうち、48カ所が津波で浸水被害を受けたという。この話の教訓は、「たとえ指定された避難所でも過信せず、状況に応じて別のところへ逃げろ」ということだろう。

■津波碑は確実に有効! 書かれていることを守れ

 昔から日本各地には、津波で多くの犠牲者が出た場所に石碑を建て、津波から得た教訓を後世に伝えようとする「大津波記念碑」が残っている。

 宮城県石巻市の水浜集落には、「地震があったら津波の用心」と書かれた石碑があった。昭和三陸津波など過去の大津波により、多くの被害を受けた教訓から建てられたものだ。当地では日頃から防災意識が高く、人々は地震の発生とともに家を飛び出し、高台へと避難した。そのため、380人の住民中、死者・行方不明者は9人と全体の2%にとどまった。

 岩手県宮古市姉吉地区では、津波による犠牲者が1人も出なかった。昭和8年の昭和三陸津波で多くの犠牲者が出たのを教訓として、「此処より下に家を建てるな」と書かれた石碑を建て、先人の教えを守り、海抜60mより低い土地に住まなかったのだ。

 では、津波碑があると犠牲者が減るのだろうか。東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔舗助教らの研究グループが、岩手・宮城両県沿岸部の被災地で分析を行った結果を公表している。それによると、津波碑がある地区では、ない地区と比べて犠牲者が4分の3程度に抑えられたという。


■逃げ遅れる人々、逃げない人々の心理

 前述のように、津波碑の存在によって防災意識が高まり、犠牲者が少なかった地域もあるが、いざ津波警報が出ても大多数の人々は進んで逃げようとはしない。震災前には、「俺が生きてるうちに津波は来ないよ」と語る人々さえいた。たとえ先人が高所に移り住んでも、次第に便利さが優先され、長い年月を経て元の場所に戻っているケースも少なくない。

 なぜ、津波の被害が忘れ去られてしまうのか。また、避難しない人々が多いのか。2011年10月2日に放送された NHKの「巨大津波 その時ひとはどう動いたか」という番組では、宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区のケースが紹介された。

 この地区では、人口5,600人のうち700人が命を落とした。地震発生から津波到達まで1時間以上あったのに、なぜ避難しなかったのだろうか? 番組によると、人は危機的状況に陥った際、次の3つの行動心理が働くという。

1. 災害時に「自分だけは大丈夫」という根拠がない自信を持つ「正常性バイアス」
2. 自分の命を差し置いても他者を助けようとする利他的な心理「愛他行動」
(避難している人々を観察すると、何度も後ろを振り返りながら走る人が多い。これも、逃げ遅れた家族などを気遣っている「愛他行動」にあたる)
3. 少数の正しい意見より、多数の誤った意見に同調してしまう「同調バイアス(集合的無知)」
(「津波だ、逃げろ!」と誰かが叫んでも、それに従わない人々が多いと、自分も周囲に追随してしまう)

 どれもが、いかにも“日本人的”と思える心理状態だ。しかし、このような行動心理があることだけでも把握しておけば、いざ災害となった時、自分自身を客観的に見つめて、より的確な判断ができるようになるかもしれない。

 東北地方には「津波てんでんこ」、つまり津波が来たら、各自てんでんばらばらに逃げろという合言葉がある。自分だけが助かれば良いという利己主義的な態度と誤解されやすいが、これは「まず自らの身の安全を確保してから他者のことを考えなさい。そうしなければ誰も助からない」という意味なのだ。何かにつけて“右にならえ”の日本人だが、こと災害時においては、場合によっては周囲の人々の行動に従わず、独自の判断で行動することも大切ということだろう。



地震のタグが付いた記事


<地震>千葉と茨城で震度4 津波の心配なし
イタリアでM6.2の地震、14人死亡 救助ヘリなど現場へ
不明学生の車か、両親らが発見 熊本地震・崩落現場下流
関東で地震相次ぐ 万が一に備えて
<地震予測>ランク分け、確率数値「安心誤解」回避へ
【恐怖画像】「5月17日に南海地震」、2062年未来人の予言はデマだったけど...とんでもない事実が発覚...
南米エクアドル西部で、M6・7の地震
茨城南部でM5.5の地震 小美玉で震度5弱、男児骨折
中居正広、ジャニーズ事務所との亀裂が深刻化…反抗的行動を強行、無断で熊本地震炊き出し
【熊本地震】 火事場泥棒で逮捕された犯人はやっぱり在日だった!!! 取調べでとんでもない事実判明!!! こいつらマジで死刑でいいだろ・・・
【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金
熊本地震被害、芸能人にも飛び火w炎上芸能人まとめ
【動画】“麦わらの一味”7声優が熊本に動画でエール【地震】
【熊本地震衝撃画像】被災地でレ◯プが頻発していると判明・・・
【緊急地震】阿蘇山に亀裂が入った事が判明→その影響はいかに!?
地震】次に『大地震』が起きる場所が判明か?
みのもんたわずか2ツイートで大炎上ww 地震熊本支援のやり方甘い
<熊本地震>山荘で犠牲の夫婦 「阿蘇へ」社長止めたが…
【熊本地震】避難所で感染症防ぐには 手洗えなくてもリスク減らせる
<熊本地震>余震に子ども「怖い」/入浴待ち4時間…益城町

2016/ 04/ 14/ 22:35


この記事にコメント



■名前

■URL




■本文




最新BLOG記事

安室奈美恵、オールタイム・ベストアルバム「Finally」動画まとめ
漫画バトルロワイヤル読んでみた感想、あらすじなど
【漫画】ドラゴンボール超.torrent
ファミコンウォーズDSという古いゲームをレビュー
【ネタバレ有】WEB漫画「オーシャンまなぶ」レビュー
【漫画】約束のネバーランドまとめ
【漫画】転生したらヤムチャだった件.torrent
【漫画】[堀越耕平] 僕のヒーローアカデミア.torrent
(一般コミック) [奥浩哉] いぬやしきまとめ
【アニメ】いぬやしきTorrentまとめ
小林麻央さん「もし病気、試練を乗り越えられたら…」切なる願いはかなわず
小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く
【訃報か】小林麻央、死去か。14時半会見!海老蔵「お察し下さい」
小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・
ワイチャンと暇人Sの戦い
ヴェルファイアHIDバルブ交換してみた。
【画像】 浜崎あゆみ(38)が女子プロレスラーっぽくなってると話題に
ハンターハンター1話から15話まで無料、連載再開記念キャンペーン
【無料】ハンターハンター Chapter 350-360話.Torrent
ハンター×ハンター 第33巻.torrent [HUNTER X HUNTER VOL 33]
【漫画】火傷少女読んでみた感想と中身ネタバレ【狂気100%】
ハンターハンター連載再開!!
夏本番になる前にカーエアコンフィルターをチェックおかないとヤバいかもw
かつて僕は荒らしだった。元荒らしが教える荒らし対策
天才小学生YouTuberあいり@うさちゃんねる現るwww
これ欲しい!ユニクロに配達行ったら任天堂とコラボTシャツ出てたわww
日本中のオタクが泣いた!Nyaaが使えないので代わりの方法を探してみる
ドラクエ11が7月に発売されるっていうから過去作振り返ってみた
ドラゴンボール転生したらヤムチャだった件が面白すぎるw
とある配達員が教える再配達の心構え、配達の方法
夜中に吠えるワイチャン、笑うMちゃん先輩
コナン顔メーカー、無料で簡単にコナンの登場キャラクターのような画像を作ることができるツール
うちの三姉妹、僕の三人の娘たちを紹介します。
ドラゴンボールヒーローズ ベジットブルー、バーダックゼノコード
ハリウッド映画並みの夢を見たんで記事にしてみる。
20代〜30代が懐かしいと思うものまとめてみた。
【熱愛情報】佐々木希とアンジャッシュ渡部建が結婚間近!?
アンジャッシュ渡部&佐々木希、結婚へ!近日中に婚姻届提出
謎解き画像、サイトやアプリまとめ
ヴェルファイア フロントカーテン付けてみたw 付け方
V系バンド、ザアザア (XaaXaa) まとめ
絶対にいってはいけない関東心霊スポット
沢尻エリカ、丸くなって再ブレーク? 連ドラ主演“抜擢”の理由
FreeWindを使ってYouTubeの動画サムネイルをRSSでブログに表示する方法
SEO対策で指標となっているであろう要素ランキング
小倉優子が行列で菊地勲との離婚の真相を話すって言うからまとめてみたよ
Z
一つの記事が一位になるまでSEO対策らしきものを色々やってみた。
元名大生に無期懲役=女性殺害、タリウム投与―名古屋地裁
ホンダ、モンキーを8月末で生産終了…排ガス規制強化で50年の歴史に幕



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 QR
携帯からアクセス!!